生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 〜番外編

約30年間、トーベがほぼ毎年夏を過ごしたクルーヴ島の「夏の家」。
再現モデルの特別展示というので、のぞいて見ました。

筆立てがあったので、「お〜、どんな筆を使っていたんだろう」と近寄ってみたら、”ぺんてる 180円 " と筆に値札がはられていたよ。
まあ、再現モデルだから、、、


f:id:Merimaa88:20150316000407j:plain
クルーヴ島のオリジナル


ミュージアムショップでは、展覧会図録を販売していましたが、正直な所、この図録には感心しません。資料のために欲しかったのですが、結局買わなかった。


f:id:Merimaa88:20150303155629j:plain


ブックデザイナー祖父江慎が手掛けた図録ということで、表紙が黒に刺し色が赤、というのもピンとこないけれど、問題は作品の印刷の色味なのです。

どの展覧会でも、オリジナルの絵の色を、そのまま印刷で再現するのは無理と分かってるものの、色味のぶれ方に工夫が欲しいといつも思う。

というのは、以前に知人がロンドンで「ムンク展」を見てきた時に、「Exhibition Guide」をくれたのだけど、これが簡単なガイド冊子なのに、実にムンクの絵の雰囲気を再現しています。

印刷の色味のベースが違うのだと思う。

いずれにしろ、色はぶれるのだから、
値段は3000円だっけ? 安くはないよね。いや、高い。
もう少し北欧の色彩感をキチンと伝えるように印刷してください。

あまりに商売主義でした。

母国フィンランドの展覧会には、図録はないようです。


merimaa88-tove.hateblo.jp
merimaa88-tove.hateblo.jp