生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 〜画面の向こう側に

3回通ったトーベ・ヤンソン展

トーベの展覧会には、3回足を運びました。
たぶん、ファンの中には10回見に行ったとか、毎日行ったという人もいるんじゃないかなと思いますが。
3回見に行って、やっと色々見えてくる感じです。


14才ぐらいの時、遊びでトーベの絵を真似して描いていて、ペンギンブックスのイラストをペンで真似して描いてみただけですが、その後は美大を選びました。一般課程の大学では、とても自分はやっていけないと思ったのです。
 
トーベは15才で学校を自主退学しました。子ども時代のトーベは学校が嫌いだったし、家族のために芸術家になろうと決断する若き仕事人でもありました。

トゥーリッキ・ピエティラも、16才で学業を終えたあと、奨学金を得て、フィンランドのトゥルクから、ヘルシンキ、ストックホルム、パリ、さらにはノルウェイ、デンマーク、イギリス、南フランス、スペイン、イタリア・・・!!

各地の美術学校を渡り歩いて、絵画、彫刻、版画の技術を学んでいます。


f:id:Merimaa88:20150821103950j:plain

早熟であることは必要だと思う

日本のアート環境とくらべると、愕然とします。

たぶん、人生で最も集中力や好奇心がある15才頃というのは、本能的に教室に閉じ込められたくない。

その時期に、自由であり、やりたい世界に入っていけるのは、実はとても重要なのだろうと思います。

アバのアグネッタも、17才でレコーディングしています。

エドヴァルド・ムンクも17才で学校をやめてしまった。

ここでの、のびしろは本当に大きい・・.

(このことは、また後日に)
 



トーベの世界一美しい線を発見

会場に入ってすぐに、トーベの子供時代の絵や16才頃の絵がありました。
もう10代には、特有の美しい線は現れていました。

ひと言でいえば、早熟の天才肌なのでしょう。
16、7才頃の絵に、すでに美しい線がある。

木の枝や、波、入り江、トーベが自然のなかで、小さい頃から日常的に見ていた線ですよね。しかも、その自然は手つかずで、とんでもなくワイルド。

トーベはある手紙に書いています。
「父は悲観的な人でした。でも、嵐が近づくと、まるで別人のようになるのです。明るくて面白くて、好奇旺盛。子どもたちを連れて、危険な冒険に出かけるの。嵐、水位の上昇、悪天候、撃破したり戦ったり・・・」
 
f:id:Merimaa88:20150821112143j:plain
”Narsissiasetelma” (A composition of daffo­ dils). 1943. Oil on canvas.   


アートや絵について、昔から持ってた色々な疑問に答えてくれた展覧会でした。
数十年来の「なぞ」の答えを見つけました。


要するに、トーベの絵の中に「自然」以外の線はないんです。
それも、ごく早い時期に身につけていた。

身の回りの手つかずの自然の、木や枝、波、嵐、雪、月明かり、などのラインが、そのままトーベの描く線になっていったことは、想像がつきます。

あまりにも、当たり前すぎる答えでしょうか?


油彩も色を塗るというよりも、美しい線の積み重ねで描かれています。
油彩の作品群は、遠くから見ても、近くから見ても、何が描いてあるか以前に、見えるのは美しいライン=自然です。


f:id:Merimaa88:20150721003928j:plain


私もワイルドな自然が残った海辺で、放ったらかしに、ほんと放ったらかしに育ったので、松林や、海岸、そこに集まる生物、風が枝を鳴らす音、海鳴りの音、先生はまさに自然そのものでした。 


その自然が身の回りで、無惨な扱いを受けるのが日本。
この展覧会の時も、海岸近くの松林が大手不動産会社に根こそぎにされました。
大手であろうと、テロ行為にも等しいような、知性のカケラもないようなやり方って、サル以下なんじゃないでしょうか。(動物に失礼ですね)


北欧と文化の質とレベルの差を、まざまざと感じたし、トーベの絵を会場で見ているうちに、何て暖かい生き生きとした自然が、そこにあるのだろうと思いました。

上映されてるDVDから、「花のサンフランシスコ 」が、流れてきたとき、いつも島で太陽が照り、風が吹いているような画面からトーベが手を振っているようで、手つかずの自然がオーバーラップして泣けてきましたね。

画面の向こう側で生きたほうが、幸せなのでしょう。


f:id:Merimaa88:20150307235612j:plain
*Be Sure to Wear Flowers In Your Hair  
Scott McKenzie の San Francisco の歌詞から

merimaa88-tove.hateblo.jp
merimaa88-tove.hateblo.jp