ムーミンママのパンケーキ 再び

ムーミンママのパンケーキはフィンランド式?

NHK 「グレーテルのかまど」で紹介されていたムーミン谷のパンケーキ。
フィンランド式の四角い分厚いパンケーキだったけど、物語の中でムーミンママが焼いていたのは、スウェーデン式のクレープのような薄いパンケーキなのでは・・?  
と思って調べてみました。


Pannukakku(パンヌカック)という、フィンランド伝統の四角いパンケーキは、四角い天板に生地を流し込んで、オーブンで一気に焼き上げます。
通常のパンケーキと比べて、溶かしバターや卵が多めに入っているので、焼き上がりはどっしり、もちもちっとした食感。

f:id:Merimaa88:20151016191100j:plain

もう八月の末でした。

「たのしいムーミン一家」の第7章は、たいへん美しい書き出しで始まります。

「もう八月の末でした。・・・夜になると、ふくろうがホーホーと鳴き、こうもりが音もなく庭のうえを、はたはたと飛びめぐるときです。

ムーミン谷の森は、地ぼたるでうずまるし、海もきげんがわるくなりました。空には何かかなしい気配がただよい、黄色い大きなとりいれ月のお月さまが、のぼってきました。

ムーミントロールは、こうした夏のさいごの時期が、いつでもいちばん好きでした。・・なんだかそのわけはわかりませんでしたけれど。風も、海もひびきをかえていました・・・」

八月の大パーティー

ムーミンママのハンドバッグが行方不明になり、皆で探しても見つからず、スノークが新聞広告を出します。
「発見者のために、これまでにない八月のパーティーをお礼にひらきます」

トフスランとビフスランによってハンドバッグは発見されます。
(実はふたりがねどこに使っていた・・・)

そして開かれた八月の大パーティー。

「ムーミンママはパンケーキを焼くために、金だらいに油をひきました。フライパンだけでは足りなかったからです。」
と、実にワイルド。


f:id:Merimaa88:20151015235513j:plain

テーブルの上のプツプツのある丸いのが、パンケーキでしょう。

パーティーについて、じゃこうねずみがアドバイスしたのは、
「こんなときには、いつもより、みんな待ちきれない思いをするもんだ、と思うね。だから、あんたがたはいちばんいいものを、さいしょにださなくちゃいけない。・・・」

ムーミンパパの開会のあいさつのあと、ムーミンママがぞくぞくとパンケーキをだして、拍手かっさいがおこります。
パンケーキが「いちばんいいもの」だったのでしょう。

「飛行おに」にも、ムーミンママは大皿いっぱいのパンケーキとジャムをふるまいます。

それは、金だらいで焼いたのですから、スウェーデン式のクレープ風のパンケーキだったのではないでしょうか?


merimaa88-tove.hateblo.jp


素朴なトッピングのほうがいい

パンケーキのトッピングというと、

ジャム、クリームやアイスクリームにフルーツやベリーなど、さまざま。
ともすればゴージャスな日本式トッピングが苦手なので、「基本はベリーのジャムだけ」というような、素朴なフィンランドのパンヌカックいいですね。


f:id:Merimaa88:20151013210929j:plain


「今まで見たなかで、いちばんおいしそう」と思ったパンケーキが、こちらのブログで紹介されていたスウェーデンのパンケーキ。

norrkoping.exblog.jp

スウェーデン人の義理のおかあさんが焼いてくれるパンケーキ。
Pannkakor(パンカーコー)は、クレープといったほうが近いイメージ。
たっぷりのベリー系のジャム、ラズベリーとブルーベリー半々で、なんていうのは、現地でないとできないですね。


f:id:Merimaa88:20151016215619j:plain

レシピです

スウェーデンのクレープ風パンケーキ

(上の写真の方のブログにあったレシピです。)

☆Pannkakor (4人分)☆

・卵 2個
・牛乳 6dl
・薄力粉 2.5dl
・塩 小さじ1
(好みで砂糖小さじ1〜2)
・バター 大さじ1 (フライパンで焼くとき用)

ボールに卵を割り、軽く混ぜます。
それから牛乳を半分加え薄力粉と塩(好みで砂糖も)を加えます。
粉っぽさがなくなり、だまだまがなくなったら残りの牛乳を加えたら生地の出来上がり。

あとはフライパンにバターを溶かし、1枚1枚薄く焼いていきます。
しっかり焼かずに柔らかめで取り出すのがコツ。
焼きあがったらジャム・生クリームを添えていただきます!

フィンランドの四角いパンケーキ

【パンヌカック】

(靴家 さちこさんのレシピ)

4〜8人前/天板の大きさ:30〜35cm×35〜45cm

■材料
小麦粉 350g
牛乳 1000cc
卵 4個
溶かしバター 大さじ2
塩 小さじ1弱
砂糖 大さじ2

■作り方
1)上記の材料を均一に混ぜて生地を作る

2)生地を少し休ませてからバターを薄く塗った天板、もしくはベーキングシートを敷いた天板に流し入れ、200度に温めておいたオーブンの中段で40分ほど、表面がきつね色になるまで焼く。

3)焼きあがったら9〜12等分に切り分け、お砂糖やジャム、クリームやアイスクリームにフルーツやベリーなどお好みのトッピングをかけて完成。

※フィンランドで一般的な大きさのオーブンに合わせたレシピなので、お手持ちのオーブンの天板の大きさに合わせて要調節。天板は深いものを使いましょう。


f:id:Merimaa88:20151016222944j:plain
200度のオーブンで40分ほどじっくり焼きます
 

ムーミンママのパンケーキ(フィンランド式の四角いパンケーキ)

NHK 「グレーテルのかまど」
ムーミンママのパンケーキ | レシピ | NHK「グレーテルのかまど」

◆ 18cm角の耐熱容器 1枚分
<パンケーキ生地>
 小麦粉(中力粉) 90g 強力粉45g + 薄力粉45gで代用可
 牛乳  500ml
 卵   100g Mサイズ2個
 砂糖  10g
 塩 2g
 
1. ボウルに中力粉、砂糖、塩を入れ、泡立て器でよく混ぜる。
2. ステップ1に卵と少量の牛乳を入れ、混ぜ合わせてから、残りの牛乳を少しずつ加えて混ぜる。冷蔵庫で10分程休ませる。

3. ステップ2を耐熱容器に流し入れ、200℃のオーブンで30 ~ 40分程度焼く。
4. ステップ3 が焼きあがったら、耐熱容器から紙ごと取り外して冷ます。


新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

  • 作者: トーベ・ヤンソン,山室静
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/04/15
  • メディア: 文庫