「ムーミン谷の彗星」と小さなパンケーキ

「ムーミン谷の彗星」には、ムーミントロール、スニフとスナフキンの3人が、パンケーキをやいて食べる場面があります。 

3人は火をおこして、フライパンで小さなパンケーキを焼いています。 

見た感じ、丸いパンケーキのようですが、パンケーキにはフィンランド式とスウェーデン式の違いがあるのです。

f:id:Merimaa88:20151013102218j:plain

フィンランド式とスウェーデン式は違うの?

フィンランド伝統の四角いパンケーキ Pannukakku(パンヌカック)

「パンヌカック(=パンケーキ)」は、四角い天板に生地をぜんぶ流し込んでオーブンで一気に焼き上げます。

f:id:Merimaa88:20151013210929j:plain

通常のパンケーキと比べて、溶かしバターや卵が多めに入っているので、焼き上がりはどっしりとして、もちもちっとした食感。

四角く焼けた大きな一枚を9〜12枚に切り分けて、お砂糖やジャム、クリームやアイスクリームに苺やブルーベリーなど、各種フルーツを添えて。


こういう四角いパンケーキがあるのは、フィンランド以外では、同じ北欧でもおとなりスウェーデンと、住民のほとんどがスウェーデン系を占めるフィンランドの自治領、オーランド諸島ぐらいだそう。

f:id:Merimaa88:20151014111045j:plain
青地に黄色と赤はオーランド諸島の旗


そして、基本的にはスウェーデン、デンマーク、ノルウェーで「パンケーキ」といえば日本でいうところの「クレープ」に相当します。

ちなみにフィンランドにもクレープはありますが、「オフカイネン=薄いもの」「レットゥ」や「ラットゥ」など呼ばれており、パンケーキとはきっちり区別がつけられています。 

(以上は、靴家さちこさんの記事から)

f:id:Merimaa88:20151014112149j:plain

スウェーデンの小さなパンケーキ Plättar(プレッタ)

スウェーデンではパンケーキのことをパンカーカ(Pankaka)、パンカーコー(Pannkakor)と呼びます。

日本のホットケーキよりも薄く、クレープよりも厚いイメージです。
 
そして、パンカーコーの小さい物がプレッタ(Plätta)で、このプレッタ専用のフライパンがプレットパンナ(Plättpanna)

f:id:Merimaa88:20151014131324j:plain

やけるそばから食べていきました。そうするのが・・

ムーミンの作者トーベ・ヤンソンはスウェーデン系フィンランド人で、母国語はスウェーデン語です。

ヤンソン一家はフィンランド人なら誰もがするように、毎年夏の数ヶ月を、祖父が住むストックホルム近郊の多島海に浮かぶ島ですごしました。

子どもの頃に過ごしたこの場所は、最初のムーミン屋敷のモデルです。家族とともに、島で天衣無縫に過ごした夏の日の記憶は、トーベの作品そのものと言っていいでしょう。 

f:id:Merimaa88:20151014131131j:plain

「そして3人は火をおこして小さなパンケーキをつくり、やけるそばから食べていきました。そうするのが、これの正しいたべかたなのですよ。」(ムーミン谷の彗星 より)

3人が焼いているのは、きっとスウェーデンの小さなパンケーキですね。
 
merimaa88-tove.hateblo.jp


どうせなら、1856年創業のスウェーデン王室御用達の老舗カトラリーメーカー、GENSE(ゲンセ)を使ってみたい。 

hokuohkurashi.com

ノルディックウエアー社は、名前はノルディックだけど1945年創立のアメリカのキッチンウェアーブランド。

スマイリーパンケーキパン 01920

スマイリーパンケーキパン 01920