『少女ソフィアの夏』と8月

Sommarboken - 夏の本

「おばあさんはいつでも、八月のこの大きな変化が好きだった。あらゆるものがここでなければ、というそれぞれの場所を得ていく、いつも繰り返されていくその様子が好きだったのだろう、人の痕跡が消えて、可能な限り島本来の姿に戻るときが来たのだ。」(『少女ソフィアの夏』)

八月は、気づかないうちに、日ごとに夜が、あたたかくて黒い偉大な静寂につつみこまれる。夏は静止して、秋はやってくる用意もできていない。星のない闇。

灯油缶が地下から運ばれ、ランプがドアのわきのくぎにかけられる。テントをしまいこみ、ボートをひきあげる。庭の道具は集められて、短い夏専用のものは、置き場所が変わる。

咲き残っている花は赤か黄色で、森には大きな白いバラが、息が止まる美しさで、たった一日だけ咲き誇る・・・


f:id:Merimaa88:20170812113309j:plain


『少女ソフィアの夏』最終章の「八月に」では、夏がゆっくりと終わりに向かい、島を離れるための支度のようすが描かれている。

ムダのない簡潔な言葉で(トーベ・ヤンソンの体つきのように)、「月あかり」「凪」「猫」「テント」「おとなりさん」「八月に」などのタイトルがつけられた22の物語は、ひとつの短編でもあり、絵画のようでもある。

児童書ではなく大人に向けて書かれた小説なので、挿し絵は入れないことにしていたが、ドイツの出版社からの求めに応じて、17点の挿し絵をトーベは描いている。
(日本語版にも挿し絵が入っていて、17点のうち8点はページ大の大きさ。見ごたえあります。) 


f:id:Merimaa88:20170812212028j:plain

変化の明滅する八月

『少女ソフィアの夏』の登場人物のモデルは、おばあさんは母親のハムで、パパは弟のラルス、ソフィアはトーベの姪っ子のソフィア。 

1970年に最愛の母ハムを失い、ハムが在りし日の夏の出来事や経験を、人間の生のひとこまを、自然の生のひとこまと一体にして、この本に再現していった。

トーベ・ヤンソンにとって八月は特別な月。ムーミンシリーズの舞台の多くは八月。

ぜひ、夏に読みたい、「夏の本」

だけど、単に「なごみ」や「癒し」を求めてページをめくると、おばあさんとソフィアから、カウンターパンチをもらうかもしれない。
おばあさんは言う、「やるべきことがはっきりしているうちに片付けるのがいちばん」。ダンシャリなんて遥かにこえて、島では人の気配さえ消えていく。

夏の最後に打ち上がった花火のような名作、『少女ソフィアの夏』(原題:Sommarboken - 夏の本)は、「わたしの書いたもののなかで、もっとも美しい作品」と、トーベ・ヤンソンは語っている。


少女ソフィアの夏

少女ソフィアの夏

  • 作者: トーベ・ヤンソン,Tove Jansson,渡部翠
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1993/11/15
  • メディア: 単行本
  •  

 

八月の手紙

『少女ソフィアの夏』の舞台の設定は、ブレッドシャール島。

ペッリンゲの群島地域にある島のひとつで、何年も島を探してトーベと弟のラルスは50年の期間で賃貸契約をした。1947年の夏に、トーベは二つの小屋を建てるつもりで島で暮らす。

やはり八月に、親友のエヴェにあてた手紙。

「今夜初めてブレッドシャール島でひとり、テントで寝ます。蚊帳の向こうでは、風の強い紫色の海を背景に、ガンコウランや松の枝が、信じられないくらいに美しいレースのように浮き出ています。」

「まぶたに焼き付くような赤く大きな三日月が、海から動物の角のように昇ってきます。いつもサンシャール島から見えていた灯台は力強い光を放ち、この八月の暗闇の中で親しげに輝いてくれます。そして、ここに私の家があるのです。」


f:id:Merimaa88:20170813162557j:plain


「果てしない開放感と、ときどき、夕方になると襲ってくるある種の心細さ。ずっと嵐が続き、岬に吹く風は家を激しく揺らします。あらゆる危険を連想させられる不気味な音が聞こえてきます。風の中でそれは足音のようにも音楽のようにもなる。さあ寝ようという時にリズミカルなバイオリン曲みたいな音が聞こえてくると、少し不安になります。でも、しばらく海と自分だけでいると、自然は別のものに姿を変え、新しい考えが浮かんでくるのです。」
(「トーベ・ヤンソン 〜 仕事、愛、ムーミン」伝記 ボエル・ウェスティン )


merimaa88-tove.hateblo.jp

merimaa88-tove.hateblo.jp