ムーミン谷は8月の物語

獅子座の星のもとに

トーベ・ヤンソンは、1914年の8月9日にヘルシンキで誕生した。

トーベの幼少期は、第一次大戦のさなかではあったけれど、8月の日曜日に、獅子座の星のもとに生まれたことは、その後の作品のなかに散りばめられていく。

父ヴィクトルと、母シグネの結婚式が8月17日だったこともあるかもしれない。
「8月」と「ボート」は、トーベの何か特別な存在になっているのは間違いないと思う。

 



ムーミン谷の8月

ムーミンシリーズでは、物語の舞台の多くは8月だ。

第1作目となった『小さなトロールと大きな洪水』は、こんな書き出しで始っている。

八月もおわりの、そう、夕方にちかいころだったでしょうか。
ムーミントロールとそのママは、大きな森のいちばん深いところにやってきました。

まだ誰にも知られていない頃のムーミンは、やせていて、鼻が長く、口が描かれていることもあった。

merimaa88-tove.hateblo.jp


第2作の『ムーミン谷の彗星』の舞台も8月。
彗星が地球にぶつかるのは、8月7日金曜日の午後8時42分だった。(彗星のしっぽが地球をかすめていった。)

夏場のフィンランドでは、8月の日の入りは夜10時近いので、夕方のアクティビティはかなり遅い時間までやっていられるが、ヘルシンキでの8月の平均最高気温は21度、最低気温は11度まで下がる。


merimaa88-tove.hateblo.jp


第3作『たのしいムーミン一家』

物語の出だしは冬で始まるものの、6月から8月の末にかけての北欧の夏が舞台。

8月のはじめの、ある朝はやく、トフスランとビフスランが巨大なルビーの入ったスーツケースを持ってムーミン屋敷にやってくる、それを追ってモランがくる。

トーベは、8月の物悲しい季節の変化を描く。

「もう八月も末でした。夜になると、フクロウが啼き、コウモリが音もなく庭の上を飛びまわるときです。森はツチボタルで埋めつくされ、海は気むずかしくなります。空には何か期待と悲しい気配がただよい、黄色い大きなお月さまがのぼります。ムーミントロールは、この夏の終わりの頃が、いつも一番好きでした。そのわけは、分かりませんでしたけど。」

風も、海も、ひびきを変える。8月のお月さまは、濃いオレンジ色で信じられないほど大きい。
打ち上げ花火が夜空にはじけて、ムーミン谷では8月のパーティーが開かれる。


f:id:Merimaa88:20170716105701j:plain


第4作『ムーミンパパの思い出』では、8月の夕方に、買い物用の紙ぶくろに入って捨てられていたのが、なんとムーミンパパだった。

そして、「ライオンと太陽の名誉ある印の下で生まれ、わたしの星のさだめるコースにしたがって、太陽の軌道をたどるように運命づけられている。」という獅子座が誕生日だ。

「自由と自尊心を胸にひめて」捨て子ホームを脱走したムーミンパパには、むしろトーベ自身が投影されている。15歳で学校を自ら退学して、画家になろうと決意した若いトーベの姿でもある。

そして、ムーミンパパが自伝を書いているのも、「庭の黒ビロードのような闇に、ホタルが神秘的なもようを刺しゅうしていく」8月の庭だ。


f:id:Merimaa88:20170716112141j:plain
 

第5作『ムーミン谷の夏まつり』は、夏至祭の6月が作品の舞台。 
次の『ムーミン谷の冬』の頃、トーベは新聞連載のムーミン・コミックスやムーミン・ビジネスに自由な時間を奪われ、疲れ果てていた。それまでのお決まりだった「夏のベランダ」でない話を書いてみたらというトゥーリッキの助言もあって、はじめて冬が舞台となった。
また、7作目となる「ムーミン谷の仲間たち」は短編集。

圧巻の『ムーミンパパ海へ行く』

そして、8作目の『ムーミンパパ海へ行く』は、彫刻家であったトーベの父ヴィクトルへ、『少女ソフィアの夏』(1972) は大好きな母シグネへの、追憶・オマージュ的な作品になっている。

8月末のある日の午後、ムーミンパパが所在なげに、庭を歩きまわる場面から始る。
たいていのことはやり尽くされてしまって、一家の主として存在感を示せることが見つからない。思いついて、一家は小さな島に移住するが、ムーミンママは気乗りしない。


f:id:Merimaa88:20170716103859j:plain


8月の末から10月にかけて、次々と目前にあらわれるのは、灯台、窓の外の海、ローズマリー、ヒースの茂み、波、カンテラの灯り、断崖、砂浜、ボート、、、

前作、「ムーミン谷の仲間たち」から物語もイラストも作風が変わり、圧巻の孤島での家族もようは、映画のシナリオのような面白さもある。

自然をふんだんに背景にした、実写版のフィルムがあったらぜひ見てみたいと思う。

もっとも読みごたえのある一冊なので、夏の読書におすすめしたい。


新装版 ムーミンパパ海へいく (講談社文庫)

新装版 ムーミンパパ海へいく (講談社文庫)

  • 作者: トーベ・ヤンソン,小野寺百合子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/08/12
  • メディア: 文庫
  •  

 

トーベ・ヤンソンと8月

「トーベ・ヤンソンと8月」というカテゴリーを作れるほど(作ってみたのだけど)、ムーミン以外の小説でも、8月は重要な場面をになう。

『少女ソフィアの夏』の最終章のおばあさんの場面。

1947年の夏、トーベはブレッドシャール島に小屋を建てながら、テントで暮した。
テントからの光景について書かれた、とても美しい8月の手紙もある。

(それはまた、別の記事にまとめてみたいと思ってます。)


merimaa88-tove.hateblo.jp


☆できれば単行本サイズの大きな文字とイラストがお進め


ムーミン童話全集 全8巻+別巻

ムーミン童話全集 全8巻+別巻

  • 作者: トーベ・ヤンソン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1992/09/14
  • メディア: 単行本
  •