ムーミン童話全集(全8巻+別巻)は単行本 or 文庫本?

大きいイラストで作品を楽しみたい、大きい活字は見やすくて楽・・・

それならば単行本、でも高い・・・

という訳で、ムーミン童話全集セットは、単行本シリーズを中古本で探してみました。(ムーミン童話全集・全8巻+別巻)

気長に探すとあるもので、箱は古ぼけているものの、本はおそらく読まないままに、しまい込まれていたのでしょう。

全巻ほとんど新品に近い状態の良いもので、値段は定価の4割ほど。

中古で探したのには、もうひとつ理由があって、絵本は初版や初期の刷のほうが、印刷の色彩に透明感があって、イラストの線もつぶれていないことが多いと思うのです。

外カバーをはずしても、本体の表紙にも、トーベ・ヤンソンのイラストが同じように印刷されている単行本。

全巻並べてみると、シンプルでとても色合わせの美しい表紙デザイン。 

海外版に較べても、日本版は印刷技術には安定感があって、トータルのデザインとしても色彩バランスが美しい全集です。


f:id:Merimaa88:20150917094907j:plain
 

単行本と文庫本どちらにしようか?

シリーズで揃えるならば、単行本か、文庫本か、けっこう迷いますよね。

大きい活字と、大きいイラストで読みたい場合は、やはり単行本がおすすめ。

文庫本では、スウェーデン版オリジナルカバーに使われていたトーベの絵を表紙に使った〈限定版〉が講談社から出ています。

ボックスにも、トーベの原画がプリントされているので、プレゼントにも向いてます。

ただ、文庫本はサイズが小さいため、どうしても余白が少なくなり、文字とイラストがぎゅっとつまっている感じがあって、イラスト自体も小さくなってしまう。あと、単行本と文庫本では、イラストの入る位置や順番は異なります。

イラストは、たて長のサイズの青い鳥文庫のほうが、講談社文庫よりひとまわり大きい。

トーベ・ヤンソンのイラストは、最初から横文字との組み合わせを想定して描かれているため、日本語版に配置するのは大変かも、、と思いつつ、意外と日本語と合っていますね。

日本の浮世絵に影響されて描いたイラストもあります。


ムーミン童話全集 全8巻+別巻

ムーミン童話全集 全8巻+別巻

  • 作者: トーベ・ヤンソン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1992/09/14
  • メディア: 単行本
 

ムーミン童話限定カバー版 全9巻BOXセット (講談社文庫)

ムーミン童話限定カバー版 全9巻BOXセット (講談社文庫)

  • 作者: トーベ・ヤンソン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/08/01
  • メディア: 文庫
 

 



私がいちばん最初に買った70年代の、イギリスのペーパーバック版は、飾り文字のイラストも入っていたように記憶しています。

英語版をもう一度読みたいけれど、最近のペーパーバックの表紙は、何であんなふうになっちゃったのか、、

と思っていたら、ハードカバーだけど、〈コレクターズ限定版〉がシリーズで出たようです。

でも、やっぱり、昔のペンギンブックスの、何てことない、でも原画を使った表紙で、ざらっとした手触りのページのペーパーバック、復刻してほしいなあ・・・


Finn Family Moomintroll: Special Collectors' Edition (Moomins)

Finn Family Moomintroll: Special Collectors' Edition (Moomins)

  • 作者: Tove Jansson
  • 出版社/メーカー: Sort of Books
  • 発売日: 2017/10/05
  • メディア: ハードカバー