「トーベ・ヤンソン 〜 仕事、愛、ムーミン」伝記 ボエル・ウェスティン  

ソフィア・ヤンソンも使う決定版

トーベ・ヤンソンの姪で、『少女ソフィアの夏』のモデルでもあり、ヘルシンキのムーミンキャラクターズ社で「ムーミン」を管理しているソフィア・ヤンソンさん。

「インタビューを受けた時など、この本を開いて確認する場面もある」というほど、評伝として決定版といえる一冊でしょう。

そのかわり、写真やイラストのカラーページは巻頭のみで、あとはモノクロ、本文は630ページのヴォリューム。

「この分厚さを読み通せるかどうか・・?」

辞書といえる厚さの伝記本ですが、本好きにとってはトーベのファンでなくとも、あまり類のない魅力にはまっていきますよ。

もちろん、トーベファンは、手放せなくなる本です。

f:id:Merimaa88:20151220190246j:plain
原題は TOVE JANSSON : Ord, bild, liv by BOEL WESTIN 2007

本の筆者、ボエル・ウェスティンは、トゥーティーにこの本を捧げています。

トゥーティことトゥーリッキは、トーベの人生の伴侶でもあり、本のためにプライベートな話も含めて、資料を裏づける膨大な情報を提供しています。

それだけに、トーベの日記や手紙をはじめとする個人的な記録やメモ、トーベの生の声がふんだんに盛り込まれています。


f:id:Merimaa88:20151220184859j:plain
右:トーベの手帳とペン 

どこを読んでも面白い

たとえば「島での暮らし」に興味があれば、島について書かれた章を開いてみてください。
そこではトーベの迫真の描写とワイルドさに出会えます。 

「風力六、雨。ボートを引き揚げるのが精一杯。海は荒れに荒れ、波は大砲のようだ。テントはズタズタに破れた。驚くほどの美しさだ」

「今夜初めてブレッドシャール島でひとり、テントで寝ます。蚊帳の向こうでは、風の強い紫色の海を背景に、ガンコウランや松の枝が、信じられないくらいに美しいレースのように浮き出ています。」

「まぶたに焼き付くような赤く大きな三日月が、海から動物の角のように昇ってきます。いつもサンシャール島から見えていた灯台は力強い光を放ち、この八月の暗闇の中で親しげに輝いてくれます。そして、ここに私の家があるのです。」

自分の島を持つこと、灯台への憧れ、島での雨、風、嵐・・・

トーベ・ヤンソンはストーリー・テラーなのも確かですが、最大の魅力は、自然の、特に海岸、浜、ボート、島、嵐などの描写だと思います。

それらが「ムーミンパパ海へいく」の圧巻の迫力となり、「たのしいムーミン一家」では、島の経験そのものが物語になっていくことが分かります。




2冊の伝記本を比較

トーベの伝記本としては、もう一冊、トゥーラ・カルヤライネンによる「ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン」があります。(下の写真 左)

こちらも分厚い本ですが、数多くのイラストや写真をオールカラー印刷でのせて、上質の紙を使っているので、本が厚くなっています。

ですので、文章はページ数ほど多くなく、作品も存分に楽しみながら読みすすめます。

本に登場する人物の背景や、トーベとの関連性、作品と時代背景については、こちらの伝記本はとても分かりやすく、オールカラー印刷のビジュアルも魅力。 


f:id:Merimaa88:20151220185913j:plain
左:373ページ 右:630ページ

f:id:Merimaa88:20151220185223j:plain

★ビジュアルならこちらの伝記本
merimaa88-tove.hateblo.jp

アートの醍醐味とワイルドさ

一方、ボエル・ウェスティン の「トーベ・ヤンソン 〜 仕事、愛、ムーミン」は、カラー印刷は巻頭のみ。本文630ページの膨大な資料とエピソードから、トーベの生の声とメッセージが聞こえてくるような一冊です。

本の最初から最後までたっぷりと、アートについて、色彩について、島や自然について語られる豊かさ。

ムーミンシリーズをはじめとする膨大な作品の背景に、これほど浸っていられる本は、そうそうないのではと思えます。

特に、「絵を描くこと」に興味がある人には、作品が生み出されていくのを間際で見るようなスリリングな一面もあります。


f:id:Merimaa88:20151220184909j:plain
エピソードも満載「トーベ・ヤンソン 〜 仕事、愛、ムーミン」

お互いがおぎなう形でトーベを語っていく2冊の伝記本なので、ほとんど重複する部分はないといえます。

値段的には、なかなか買うのをためらいますが、誕生日とかクリスマスとか、この本を欲しがってるトーベファンにはぜひ、プレゼントしてあげてください。とても喜ばれるとおもいます。

どちらがおすすめって・・・? 

片方を読んだら、もう一方も読みたくなります。

そんな2冊です。


トーベ・ヤンソン  仕事、愛、ムーミン

トーベ・ヤンソン 仕事、愛、ムーミン

  • 作者: ボエル・ウェスティン,畑中麻紀,森下圭子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/11/27
  • メディア: 単行本
 

ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン

ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン

  • 作者: トゥーラカルヤライネン,セルボ貴子,五十嵐淳
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2014/09/25