絵本

イエルク・ミュラーの最初の絵本「変わりゆく風景」

1976年の「暮しの手帖」で紹介されていた、イエルク・ミュラーの最初の絵本「変わりゆく風景」。絵本といっても、タテ32㎝、ヨコ85㎝の大きな横長の7枚の絵が、大型の箱に三つ折りで入っています。「毎年圧搾ハンマーがくりかえし打ちおろされる―変…