『少女ソフィアの夏』と8月

Sommarboken - 夏の本 「おばあさんはいつでも、八月のこの大きな変化が好きだった。あらゆるものがここでなければ、というそれぞれの場所を得ていく、いつも繰り返されていくその様子が好きだったのだろう、人の痕跡が消えて、可能な限り島本来の姿に戻ると…

ムーミン谷は8月の物語

*獅子座の星のもとに トーベ・ヤンソンは、1914年の8月9日にヘルシンキで誕生した。トーベの幼少期は、第一次大戦のさなかではあったけれど、8月の日曜日に、獅子座の星のもとに生まれたことは、その後の作品のなかに散りばめられていく。父ヴィクト…

『ムーミン谷の彗星』 原画の迫力 トーベ・ヤンソン

得体の知れない星空と闇 前作「小さなトロールと大きな洪水」と同じように、物語の舞台は8月です。トーベ・ヤンソンは8月が誕生月のためもあるのか、8月を描く作家と言ってよいほど、この季節が登場します。おさびし山の天文台へ旅の途中、スナフキンには…

「トーベ・ヤンソン 〜 仕事、愛、ムーミン」伝記 ボエル・ウェスティン  

ソフィア・ヤンソンも使う決定版 トーベ・ヤンソンの姪で、『少女ソフィアの夏』のモデルでもあり、ヘルシンキのムーミンキャラクターズ社で「ムーミン」を管理しているソフィア・ヤンソンさん。「インタビューを受けた時など、この本を開いて確認する場面も…

ムーミンママのパンケーキ 再び

ムーミンママのパンケーキはフィンランド式? NHK 「グレーテルのかまど」で紹介されていたムーミン谷のパンケーキ。 フィンランド式の四角い分厚いパンケーキだったけど、物語の中でムーミンママが焼いていたのは、スウェーデン式のクレープのような薄いパ…

「ムーミン谷の彗星」と小さなパンケーキ

「ムーミン谷の彗星」には、ムーミントロール、スニフとスナフキンの3人が、パンケーキをやいて食べる場面があります。 3人は火をおこして、フライパンで小さなパンケーキを焼いています。 見た感じ、丸いパンケーキのようですが、パンケーキにはフィンラ…

イエルク・ミュラーの最初の絵本「変わりゆく風景」

1976年の「暮しの手帖」で紹介されていた、イエルク・ミュラーの最初の絵本「変わりゆく風景」。絵本といっても、タテ32㎝、ヨコ85㎝の大きな横長の7枚の絵が、大型の箱に三つ折りで入っています。「毎年圧搾ハンマーがくりかえし打ちおろされる―変…

「小さなトロールと大きな洪水」水彩のさし絵の魅力 

ムーミントロールの創世記 八月もおわりの、そう、夕方にちかいころだったでしょうか。 ムーミントロールとそのママは、大きな森のいちばん深いところにやってきました。 という書き出しで始まる、ムーミンシリーズの「創世記」といえる第1作目のこの作品は…

ムーミン童話全集(全8巻+別巻)セットを中古で入手

大きいイラストで作品を楽しみたい、大きい活字は見やすくて楽・・・という理由で、ムーミン童話全集セットは、単行本のシリーズを中古本で探した。 気長に探すとあるものです。 セットの入っている箱は、古ぼけているけど、本じたいは全巻ほとんど新品に近…

村上春樹「息子と紙袋を抱えて、サインに応じたヒルトンの優しい目」 

「有名人のサインは持っていますか?」 1月15日にスタートした、村上春樹期間限定サイト「村上さんのところ」 以下は「有名人のサインは持っていますか?」という読者からの質問への、村上さんのリプライです。知る人ぞ知る、ヤクルト・スワローズのデー…

ハル、孤独の島 トーベ・ヤンソン [DVD]

最初の銀座での「トーベ・ヤンソン生誕100年記念展」で、このDVDを買ってしまった。その当時の実際の映像を見られるのが、このフィルムしかないのだから、やはり見てみたい。(確かに値段は高いのですが。)今でもクルーブ島に小屋は残っているけれど、潮風…

トーベのリクエスト「花のサンフランシスコ」

「トーベ・ヤンソン生誕100周年展」を見に行った方なら、この曲は会場で何度も耳にしたんじゃないかな、と思う。「Haru、The Island of the Solitary」 (ハル、孤独の島)のDVD 紹介が上映されていて、その中で流れてくる曲。このDVDは、トーベとトゥー…

ムーミンはなぜ日本で人気なの? インタビュー記事

本国トップが明かす10年で売上高6倍の“裏事情” ロレフ・クラクストロム(ムーミンキャラクターズ)インタビュー (週刊ダイヤモンドから) なぜ日本女子は北欧好きなのか 日本を”捨てた”ムーミンの復活劇 なぜ、ムーミンは日本で一番人気なの? フィンラ…

『ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン 』 *トゥーラ・カルヤライネン

トーベ・ヤンソンについて、人と作品の全体像を知りたいけれど、出版されている2冊の伝記とも、分厚くて値段もけっこうします。 どちらにするか、迷っている方も多いかもしれません。この2冊のうち、「ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン」をまず読んで…

「フン、やっぱりプラスチックだ」 と言った、ソフィアの夏のおばあさん 

トーベ・ヤンソン「少女ソフィアの夏」の一編「おとなりさん」 おばあさんとソフィアの会話。「・・・まったく、あのドアだって、とんでもない方向につけたもんだよ。これじゃあ、南西の風のときには、ぜったいにあけられないよ。あそこにあるのがこの家の水…

生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 〜画面の向こう側に

3回通ったトーベ・ヤンソン展 トーベの展覧会には、3回足を運びました。 たぶん、ファンの中には10回見に行ったとか、毎日行ったという人もいるんじゃないかなと思いますが。 3回見に行って、やっと色々見えてくる感じです。 14才ぐらいの時、遊びで…

トーベのパレットから にごらない絵の具

生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 展示されていたトーベのパレット。裏側はどうなってるんだろうと、のぞきこんでみたら 裏側の半分ほどに、もう一枚板が貼ってあって、Tuulikki (トゥーリッキ)の署名が入っていた。のびのびとした大きなパレット。トゥーリ…

生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 〜番外編

約30年間、トーベがほぼ毎年夏を過ごしたクルーヴ島の「夏の家」。 再現モデルの特別展示というので、のぞいて見ました。筆立てがあったので、「お〜どんな筆を使っていたんだろう」と近寄ってみたら、”ぺんてる 180円 " と筆に値札がはられていたよ。 …

生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 〜ムーミンと生きる〜 油彩など必見!です

現在、新潟県立万代美術館で開催中、 そのあと北九州、大阪と今年の秋まで巡回していきます。 前回のトーベ展は、ムーミンの挿絵原画やスケッチが中心でした。 今回の展覧会は、フィンランドのアテネウム美術館のトーベ回顧展を再構成したものです。 アテネ…

ペンギン・ブックスのムーミンシリーズ 続き

ハイカラな画材屋さん ( 続き)古いペンギン・ブックのムーミンシリーズを見て それで、ペンとインクと紙を揃えに画材屋さんへ行った。当時はもちろん、Amazonも、 CD、DVD、スマホ、PC、ビデオなんてない あるのは、黒電話、ラジオ、レコード、タイプライタ…

トーベ・ヤンソン「少女ソフィアの夏」 Sommar boken

「彫刻家の娘」が、内省的で幻想的とすれば 「少女ソフィアの夏」Sommar boken は、ワイルド。22編のおばあさんと孫娘の物語。冒頭の最初の2ページで、私は椅子から落っこちそうになった。 これは、もうトーベでなければ書けないと思った。(内容は書かな…

ペンギン・ブックスのムーミンシリーズ

ペーパーバックを真似て描いた 初訳の「彫刻家の娘」を読んでから、 私が本屋で買い求めたのはイギリスのペンギン・ブックスから出版されていたペーパーバックのムーミン・シリーズでした。 ペーパーバックの少しざらざらした紙に黒白で印刷されたトーベの挿…

彫刻家の娘(初訳版) トーベ・ヤンソン 

トーベ・ヤンソンの作品に初めて接したきっかけは、「彫刻家の娘」だった、と思います。 14才の時に読んだのですが、(すっごい、昔・・・)大人向けにトーベはこの本を執筆していますから その年代では、そううまく理解できない。トンボの飛びまわる原っ…

はじめまして

トーベと北欧、SPORTS なぜだか、気がつけば、トーベ・ヤンソンの原画に14才ではまってから、 ムンク、ABBA、a〜ha、Europe、舘野泉、北欧スポーツなど、 北欧トーンのあれこれが好きみたいです。 まだ自然がワイルドだった海辺で、放ったらかしで育ち、 …