読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 

暮しの手帖とムーミンと 1954年の表紙 

家と花と樹木

花森安治がイラストと題字を手がけた『暮しの手帖』の表紙。
人気のある表紙がいくつかありますが、1954年3月の第23号もそのひとつでしょう。 

第23号は赤い屋根がアクセントになった家を中心に、前は黄と赤の花畑、うしろは果実をつけたような樹木にかこまれて、地面は大地の茶色。
アスファルトも、看板もここにはありません。


f:id:Merimaa88:20160411214718j:plain 

この表紙を見たときに、ふとトーベ・ヤンソンの「小さなトロールと大きな洪水」のイラストを思い出しました。

昨年、「トーベ・ヤンソン生誕100周年」の展覧会が日本各地で開催されましたが、トーベ・ヤンソンは1914年生まれ。
花森安治が1911年生まれなので、ほぼ同時代に活躍したといえます。
(トト姉ちゃんのモデルとなった大橋鎮子が1920年生まれです。) 


日本でのムーミンは、アニメのイメージが強いために、もっと後の時代になって描かれた作品のように思いますが、「たのしいムーミン一家」と「暮しの手帖」の創刊が同じ時(昭和23年)というのは、ちょっと驚きます。

さらに、この表紙の頃(昭和29年)には、すでにムーミンコミックスが登場し、第5作目の『ムーミン谷の夏まつり』が出版されています。  


1945 『小さなトロールと大きな洪水』 ムーミンシリーズ1作目
1946 『ムーミン谷の彗星』
1948 『たのしいムーミン一家』『美しい暮しの手帖』創刊号
1950 『ムーミンパパの思い出』
1954 『ムーミン谷の夏まつり』 




戦争が描かせた初期のムーミン

実は、初期のムーミンシリーズは戦争がトーベ・ヤンソンに描かせた物語です。

「悲しく、爆弾におびえていた時の、暗うつとした気持ちから抜け出したかったのです。ハム(トーベの母親)が私におとぎ話をしてくれた日々に戻りたい、そんな感じの、ある種の現実逃避でした。」 

『小さなトロールと大きな洪水』には。住処を失ったものが浜で焚き火をかこみ、暖を取り、食事を作っている場面、『ムームン谷の彗星』には大勢の避難民に遭遇する場面があり、物語には原爆が投下された影響も伺えるといいます。


merimaa88-tove.hateblo.jp


『小さなトロールと大きな洪水』の物語はハッピー・エンドとなり、太陽の日を浴び鳥の舞う谷を見つけます。

「一日じゅう、みんなはあちこち歩きまわりました。そうしているうちに、とてもすてきなところにやってきました。雨あがりで、いたるところに目をみはるほどきれいな花が咲き、どの木も花と実でおおわれています。ちょっと木をゆするだけで、実がおちてくるのです。」

「さいごに、みんなは小さな谷にやってきました。この日見たどんなところよりも美しい谷です。その草地のまんなかに、タイルばりのストーブにそっくりの家がたっています。とてもすてきな青いペンキぬりの家です。」


f:id:Merimaa88:20150921174048j:plain
『小さなトロールと大きな洪水』 

f:id:Merimaa88:20160412011723j:plain
『暮しの手帖』23号

北欧のフィンランドでも日本でも、「暮らし」について、願うところは同じなのではないかと思うような表紙ではあります。